homin小説R-18
2017/05 ← 2017/06 → 2017/07 123456789101112131415161718192021222324252627282930
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告
TRACKBACK : - *  COMMENT : - *  --/--/-- - -- - --:-- *  EDIT
愛をもっと… 2
ユノはゆっくり僕の身体を確認するように服を脱がせていく…

『チャンミナ……ここも……ここも…全部…俺のものだ…』

服を脱がされ…露わになった胸から腹にかけてユノはキスを落としていく…

LIVEの興奮と…ユノに愛撫された身体は熱をもち…ユノが欲しくてたまらない…

ユノ…僕があんな事したのは…我慢できなかったからだよ…

明日はツアーの唯一の休み…ずっとユノと繋がっていたかった…

LIVEで輝くユノ…このツアーにかけるユノの努力は僕が一番知ってる…

その想いに答えるように僕だって頑張ったんだ…

でもやっぱり僕を見て欲しくて…ユノは…僕のものだって…みんなに分からせたかった…

『はぁ……ユノ……早く……きて……ユノを…感じたい…』

ユノはゆっくり顔を上げて…僕を見下ろすと…そっとキスをして…

『チャンミナ……その顔も…絶対誰にも見せるなよ……』

そう言って…息も出来ないくらいの激しいキス…舌を絡め合い…お互いの唾液が溢れる…

『ん………んん……はぁ……んん…』

下半身はすでに熱く…キスと同時にユノの手で激しく愛撫され…


『んん……んん………はぁ……んん…あぁ……』

ユノの手の中に熱いものを放つ…そのまま僕の身体をうつ伏せにすると腰を高く持ち上げられ…自分で放ったものを塗り込むようにユノの指が中へ…


『あっ……あぁ……ユノ…あぁ…』

『チャンミナの中…熱い…俺の指を奥まで誘って離さない… 』

僕の身体を知り尽くしたユノは…僕が感じる場所を攻める…

『あっ…あぁ…ユノ…ダメ…また…あぁ…イク…あぁ…』

『チャンミナ……まだだ…』

ユノは指を抜くと…僕を自分の上に乗せる…

『チャンミナ……自分で挿れて…欲しいだろ…?俺が……奥まで…俺を入れて…』

欲しくてたまらない…ユノを奥で感じたい…

ユノの熱くなったモノを唾液で濡らし…ゆっくり腰を落としていく…

ユノを見つめながら…ゆっくりユノを僕の身体の奥へと…埋め込んでいく…

『はぁ……あぁ……ユノ…は…僕だけの……ものだから……ユノ…あん…もっと…愛して…僕だけを…愛して…』

愛をもっと…たくさんの愛を二人で注ごう…東方神起として…たくさんの愛を…

でも……二人の……恋人の時間は…僕だけのユノでいて…

ユノの愛を……僕だけに…注いで欲しい…


『チャンミナ……俺の愛は……全部…お前のものだよ……』

奥で一つになる感覚…ユノの愛が身体の奥から伝わり…全身に注がれる…

ユノの上で…奥まで…受け入れ…下から突き上げられ…それに合わせて腰を揺らす…

『はぁ……あん……あぁ…ユノ……あぁ…』

『チャンミナ……もっとだ……もっと…感じろ…』

僕の愛と…ユノの愛…二人の愛を重ねるように…求め合う…

二人で歌う…あの歌詞のように…

『はぁ…ユノ…キスして…もっと…奥まで…きて…』

『チャンミナ……いいよ……』

キスをしながら…繋がったまま…ベッドへ押し倒され…奥まで…激しく揺さぶられる…

『ユノ……あっ…気持ちいい…あっ…ああ…イク……あぁ……ああ…』


『チャンミナ……一緒に……』


激しく奥まで突かれて…同時に熱を放つ…全身に注がれた愛が身体を包む…幸せの瞬間…

繋がったまま…ユノは強く僕を抱きしめる…ユノの気持ちが…伝わってくる…

『チャンミナ……俺……』

『ユノ……全部…分かってるよ……ユノの考えてる事は…全部分かってる…どんだけ…僕を愛してるかもね…』

ユノの考えていることは全部分かってる…

僕達が過ごした時間は…誰にも負けない絆がある…

喜びも…悲しみも…分かち合って生きてきた僕達…

お互いの愛は…ちゃんと伝わってる…それでも不安や嫉妬が襲ってきたら…

こうして…愛を確かめ合えばいい…僕は…ユノの全部を受け止めるから…

この愛が…ユノにずっと…届くように…何度も言うよ…ユノを見つめ…この気持ちを伝える…

『ユノ……愛してる…この…世界に生まれて…ユノに出会えて…良かった…』


『チャンミナ……俺も……愛してる…チャンミナと…出会えて…東方神起で居れる事を…幸せに想うよ…ありがとう…チャンミナ…』

この最高の笑顔は…僕だけのもの…これからも…ずっと…僕だけのもの…


愛をもっと…愛をもっと…愛をもっと…ここに呼んで…

悲しいこと…嬉しいこと…すべてのこと…繋がるように…

君がもっと…笑えるように…この世界に生まれてきて…良かったねと…言えるように…


あとがき
チャンミナはユノの嫉妬の全てを知ってたんだよね♡我慢できずに誘っちゃったんだよ(笑)あのサービスはユノにアピールだったと私は思ってます♡そして、そのかで二人はさらに愛を深めてドームの残り二日間でだだ漏れちゃって…ユノのあの発言に繋がってたんじゃないかなって思うのは私だけかしら?
『僕はチャンミンの中へ入ってるよ♡』
入ってます♡入ってますよ♡奥までね♡あは♡


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
CATEGORY : 愛をもっと…
THREAD TITLE : BL小説  *  THREAD THEME : 小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 2  *  2014/05/31 - Sat - 00:00 *  EDIT
愛をもっと… 1
『ん……はぁ……んん…ユノ…ダメ……』

『チャンミナが悪い…俺を煽るから…』

久しぶりのドームコンサート…チャンミンは弾け過ぎていた…

いつもはあんな風になんかならないのに…

シャワーを浴びて出て来たチャンミンの手を引きキスをする…

ここはまだ控え室…もうすぐに行かなくてはいけない…

チャンミンには少しお仕置きが必要だ…

激しくキスをしながら服の上から腹をなぞる…

『ここ…めくれて…みんなにチャンミナの腹…見えちゃた…いつも見せちゃダメだって言ってるのに…』

『それは……そんなつもりじゃ…はぁ…やぁ…』

後ろへ手を這わして撫でる…

『ここも…みんなにサービスしすぎ…チャンミナの身体は…誰のもの…?…ん…?』

俺にしがみつくチャンミンの目を見る…コンサートが終わりまだ身体が熱い…

顔を紅らめたチャンミン顔…潤んだ瞳は…まるで情事の後のような…艶やかさだ…

『ユノ……ユノの……もの……』

誘うように俺を見上げるチャンミン…

前を撫でれば…熱く…もう…立ち上がってる…

ゆっくり腕を離し…チャンミンを見つめる…

『チャンミナ…俺が欲しい…?』

潤んだ瞳は…もう…俺を欲しがって…チャンミンは自分から俺にキスをする…

『…ん……んん…はぁ…ユノ……欲しい……ユノ……』

舌を絡めながら俺に下半身を擦り付け…キスを激しくするチャンミンを引き離し…冷たく言い放つ…

『チャンミナ…そろそろ行かないと…みんな待ってるから…』

これは…お仕置きだから…すぐには…抱いてやらない…

俺はチャンミンを置いて控え室を出る…

マネに任せて俺は車へ乗り込む…少し遅れてチャンミンがやって来た…その顔は俺を見ない…

お互い目線を合わすことなく…隣りに座る…

もっとだ…チャンミン…俺を欲しがれ…自分から…求めればいい…

横に居るチャンミンはそっと俺の手を握る…

俺は指を絡めて…親指で刺激する…ゆっくり…まるで…愛撫するように…

『……はぁ………あっ………』

少しずつ荒くなっていくチャンミンの吐息…

我慢できないように…チャンミンを追い込んでいく…

『ユノ……もう……我慢できない…ユノが…欲しい…』


俺の耳元でチャンミンは甘く囁く…

俺にもたれ掛かり…顔を埋めて…求めるチャンミン…

『ちょっと…寄りたいところがある…』

マネに伝え…ドームの横のホテルへ…

『少し二人で休みたい…また…後で連絡する…チャンミナ…行くぞ…』

チャンミンの身体を支えるように部屋へ…

チャンミンをベッドへ押し倒す…見上げる瞳は…俺を求めている…

『我慢できないのか…チャンミナ…』

『ユノ……僕……ごめん…なさい…もう…あんな事しないから…僕の身体は…ユノだけのもの…だから…』

『だから……?どうして欲しい…?ん…?チャンミナ……言えよ……』

チャンミンの身体をなぞるように撫でる…

ビクっと震えながら…艶やかな濡れた瞳で俺を見つめる…

『ユノが……欲しい……奥で…感じたい……ユノ…僕をたくさん…愛して……愛を…もっと……ちょうだい…身体の奥まで…』

『チャンミナの身体は…俺のものだって……身体に分からせてやるよ……奥まで…刻み込んでやる…愛を……もっと…感じるように…』

この身体を誰にも触れさせない…誰にも見せたくない…

この身体は…俺だけのもの…世界で…俺しか触れないんだ…

離せないのは俺の方…お前に溺れてるのは…俺の方なんだ…

愛をもっと…愛をもっと…この愛が…届くように…この身体を…愛したい…

俺だけの…チャンミナ…



あとがき
ドームで会った読者さん♡あの話し書いてみましたよ♡
書ききれないので、エロはまた明日♡
リアルは書かない私ですが…こんな感じになりました(笑)
ドーム二日目のチャンミナのはじけぶりにヤキモチを妬いたユノのお仕置きという名の嫉妬です♡
寸止めでごめんよ…。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
CATEGORY : 愛をもっと…
THREAD TITLE : BL小説  *  THREAD THEME : 小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 8  *  2014/05/29 - Thu - 00:00 *  EDIT
プロフィール

Dycu

Author:Dycu
Dycu1015のブログです。アメブロの、Y&C~輝く二つの星~の、記事もあります。両方よろしくおねがいします。

homin大好き。基本小説は、hominメインで書きます。R-18も。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
964位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
88位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。