homin小説R-18
2015/05 ← 2015/06 → 2015/07 123456789101112131415161718192021222324252627282930
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告
TRACKBACK : - *  COMMENT : - *  --/--/-- - -- - --:-- *  EDIT
君が好き 4
キュヒョンと帰った次の日から、先輩が来なくなった…

別に気にしてる訳じゃない…

ただ毎日来てたから…急に来なくなるから…気になるだけだ…

チャンミナ。ユノ先輩最近来ないなぁ?どうしたんだろう?
チャンミナの事諦めたのかなぁ?

そうなんじゃない…。僕は全然気にならないから…いいけど!むしろ、良かったし‼

チャンミナ…何ムキになってんの?
やっぱり、気になってんじゃん!

ち…違う…!そ…そんな事思ってない…

はいはい…次の授業は移動教室だから、早く行こう!

うん…分かったよ…

一年棟は三年棟と離れてるから…滅多に三年生と会う事はない…

先輩は毎日…俺に逢いに来てくれてたんだなぁ…

そんな事を考えて歩いていると…三年棟の所に…

教室をふと見ると…友達とじゃれ合う先輩の姿が…

久しぶりに見る先輩の姿に…僕は胸の辺りが…痛くなった…

視線が…先輩とあってしまった…

だけど…先輩が僕の所へ来る事はなかった…

何だよ…毎日散々、告白しておいて…
一緒に帰るの断ったくらいで…来なくなって…本当…何なんだよ…

僕は凄く…ムカついた反面…僕の事を簡単に諦めた先輩に…悲しくなった…

モヤモヤした気持ちのまま…数週間が過ぎた…

先輩は僕に逢いに来る事もなく…僕は先輩の事を考えないようにしていた…

僕は最近お気に入りの桜の木の下で本を読んでいた…
この場所は落ち着く…何もかも忘れられる…そのはずだった…


チャンミナ…

聞き覚えのある声がする…ふと顔をあげると…

先輩…

僕は驚きすぎて…本を落としてしまった…

チャンミナ…元気だった…?

先輩は少し寂しげに言う…
僕は…言葉が出てこない…

俺な…チャンミナに逢えないの…辛かったよ…

先輩は落ちた本を拾い僕に渡しながら言う…

チャンミナは…俺に…逢いたくなかった…?

僕は……べ…別に…なんとも…

先輩の顔がまともに見れず…俯いてしまう…

そっかぁ…俺の気持ち…チャンミナに…少しは…届いてると思ってたんだけどなぁ…

先輩は…最後に見せた…あの寂しそうなあの顔で…僕を見る…

チャンミナ…俺…まだ…チャンミナ…を諦めきれない…だから…まだ…好きでいさせて…迷惑…かけないから…

先輩は…俯きながら言う…

先輩の言葉に…あぁ…やっぱり僕は…先輩が好きなのかも…そう思った…

はぁ…何なんですか…本当に…
本当…勝手な人ですね…先輩は…僕は…

言いかけて…ふと見ると…先輩が泣いていた…

あ…あの…先輩…?

チャンミナ…の…バカ…‼俺の気持ち何て…何にも知らないくせに‼

そう言い捨てて…先輩は…走って言ってしまった…

あ…あれ………?僕は……今…先輩に
ちゃんと…自分の気持ちを伝えようと…したのに…えっ……。

誤解させてしまった…はぁ!
追いかけないと…先輩に…俺の気持ち…伝えないと…

僕は…先輩を探し回った…先輩はなかなか見つからない…

先輩…何処にいる…

途方にくれて…帰ろうとした時…突然…呼び止められた…

おい!シム チャンミン!ちょっと話しがある!ちょっと来いよ!

あの…あなたは…?僕は…今…それどころじゃ…

俺は…ユノの親友のドンへだ!ユノの事で話しがある!早く来いよ!

この人…凄く…怒っている…どうしよう…立ち尽くす僕に…

はぁ…もう…ここでいい…
お前…ユノに…何言った?ユノ…泣いてた…

お前…もう…ユノに近づくな…あいつの気持ちに答えられないなら…もう…ユノに関わらないでくれ…

あの…僕は…

そう言いかけると…

お前も…ユノの事…好きだと思ってたよ…

そう言って…先輩は行ってしまった…

はぁ…俺は…どうしたらいいんだ…

今度は…僕が…先輩を追いかける事になるとは…思わなかった…


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
CATEGORY : 君が好き
THREAD TITLE : BL小説  *  THREAD THEME : 小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 2  *  2015/06/14 - Sun - 00:00 *  EDIT
君が好き 3
俺がいつも昼休みに昼寝をしに行く内緒の場所がある…

校舎の裏にある大きな桜の木の下…

そこで俺は…チャンミンを見かけたんだ…

初めて見た時…チャンミンが凄く綺麗で…一目で恋に落ちた…

俺は男に何て興味は無かった…
でも…チャンミンを好きになってしまったんだ…

はぁ…何て名前なんだろう…はぁ…何年かなぁ…はぁ…

ユノ…さっきからため息ばっかり?どうかしたのか?

ボーとしていたら、親友のドンへが、心配そうに顔を覗きこむ…

ドンへ…俺…一目惚れした…

おぉ~!誰?可愛い?なぁ~ユノ。教えろよ!

はぁ…名前…分からないんだぁ…
桜の木の下に居たんだよ…

桜の木?学校の?…もしかして…ユノの好きな人って…この学校に居るの?

うん…とっても綺麗な人…はぁ…

おい…お前…気は確かか?うちの学校…男子高だぞ?ユノ…男が好きだったの…?

はぁ?そんな訳ないだろ!俺は…女が好き…だった…はず…うん…
だけど…仕方ないじゃん!好きなんだから…

まだ…名前も知らないって?ちょとさぁ、調べてみようぜ!俺、ユノの好きになった人気になるし…
まぁ…ちょと複雑だけど…お前が好きなら…応援するよ!親友だし!

ドンへは笑顔で俺を受け入れてくれた…

その日から、俺とドンへはチャンミンを探し続けて…ようやく、名前と学年を突きとめた。

シム チャンミンか…はぁ…どうしよう…なぁ~ドンへ…。

いつまでもそんな片思いで居るのが嫌なら…告白してこい!

今までだって、ユノはそうだったじゃん…。あっ…それは女だったし、ユノは告白される方が多いか?

ドンへは笑いながら、何か人ごとみたいに言う…

ドンへ…何かめんどくさがってる…俺の事…?

何か寂しいぞ…俺…

違うよ…!何て言うか…いつものユノらしく行けって事!

とりあえず、告白してみろよ?ダメでも…アタックし続ければいいじゃん!
ユノ…夢はいつか必ず叶うもんだ!

笑顔でドンへに言われ…

何か…俺…自信でてきたぁ~!

うん、うん!頑張れ~ユノ~!

こうして俺は変な自信を持ってチャンミンに告白したんだ…

でも…毎日告白しても…チャンミンに断られ続け…流石の俺もヘコんできた…

ドンへ…俺もう…頑張れないかも…
流石の俺も…辛いかも…

本当に…チャンミン嫌そうで…昨日はとうとう一緒に帰ってくれなくて…

…はぁ…俺の気持ち…届いてないみたい…

そんな俺に…ドンへは…

そうかなぁ?俺が見る限り、チャンミンは少しづつ、ユノの事好きになってると思うぞ…。

ユノ…今までずっと押してきたから…今度はちょと引いてみたら?

ドンへ…どういう事?引くって?

だから!今まで毎日、告白して逢いに行ってただろ?それをやめてみるんだよ!
そうしたら、今度はチャンミンがユノの事が気になって仕方なくなるって訳!

ドンへは若干ドヤ顔で俺に言う…

ふーん。チャンミンに逢いに行けないの?寂しいなぁ…本当にそんなんで…チャンミンが俺の事…気にするかなぁ…?

でも、やってみる価値はあると思うぞ!ユノ~!

うん!分かった…!しばらくチャンミンに近づかない…!


こうして、しばらく俺は…チャンミンに逢いに行くのを辞めてみたんだ…




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
CATEGORY : 君が好き
THREAD TITLE : BL小説  *  THREAD THEME : 小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 1  *  2015/06/07 - Sun - 00:00 *  EDIT
プロフィール

Dycu

Author:Dycu
Dycu1015のブログです。アメブロの、Y&C~輝く二つの星~の、記事もあります。両方よろしくおねがいします。

homin大好き。基本小説は、hominメインで書きます。R-18も。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
625位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
61位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。